目立ったものを

カード13

オリジナルの名刺を作成するのは自己アピールをする方法として有用なものです。企業においてはしばしば基本的な名刺が存在していて、それを必要に応じて発注すれば無料で名刺印刷ができる場合もあります。しかし、一社員であることを示すのには有用な方法であっても、企業という傘に個人の姿が隠れてしまう面には注意が必要です。 そういった見方から、個人としての付き合いを考えて欲しいと考える場合にはオリジナルのものを別途用意しておくのが有用な方法になるのです。特に営業担当等であって他の企業に出向くことが多い場合にはオリジナルの名刺印刷を行っておき、企業のものと同時に活用すると強く印象を残すことができるようになるでしょう。

企業側が提供する名刺がある場合には、必ずしも全ての人に自分のオリジナル名刺を配る必要はありません。特にしっかりとしたコネクションを作りたい人に限定して配るという方法もあるのです。こうすることによって枚数を削減することができ、効果を上げながらも家計の節約も考えることができるようになるのです。 また、別のメリットとして、名刺印刷を家庭で行うレベルで準備しやすいということが挙げられます。一度に大量発注してしまう必要がないため、気分に応じて名刺を作りかえて行くことも容易になるのです。その都度、名刺印刷を行うことに手間がかかるという視点もあるものの、部署変更等があった場合にも無駄になってしまう名刺の枚数を極力減らすことができ、経済的にメリットが大きいのです。